女医

下肢静脈瘤の疑いを感じたら|すぐに病院で受診・手術を

喉の奥にできるがんとは

ハートを持つ人

3つの部位に分けられる

咽頭とは喉の奥のことで、ここにできるがんを咽頭がんと呼びます。咽頭は空気や食物が通る気管で声を出す声帯もあります。鼻に近い部分から上咽頭、中咽頭、下咽頭と3つの部位に分けられます。これらの部位にできるがんは特徴も違ってきます。上咽頭にがんが発症した場合は目や耳、脳の神経に影響して視力低下や難聴、神経麻痺などの症状が現れることがあります。中咽頭がんの場合は扁桃腺の炎症やリンパの腫れなどの症状が出ます。このため食事をするときに痛みが起こり飲み込みにくくなります。下咽頭がんを発症すると重症の場合は気管に繋がっている喉頭や声帯をがん細胞と共に切除する場合もあります。下咽頭にできるがんは咽頭がんの中では最も発症率が高いがんだと言われています。

喫煙や飲酒が原因

咽頭がんの原因は過度の喫煙や飲酒、貧血などがあげられます。喫煙は肺がんや食道がん、喉頭がんなど他のがんの原因ともなります。タバコの煙に含まれる発がん性物質が細胞の遺伝子に影響を与え、がん細胞に変化させるのだと言われています。また上咽頭にできるがんはヘルペスウィルスの一種による感染が原因だとも考えられています。下咽頭にできるがんは貧血が原因で起こることもあり、女性の発症率が高いのが特徴です。この場合は舌に炎症が起きたり口内炎ができ食物が飲み込みづらくなります。このような症状が長引くようなら病院で検査をしてもらうことが大切です。咽頭がんの治療は食道や声帯などの機能を残すため外科手術よりも放射線照射や化学療法が行われることが多くなっています。