女医

下肢静脈瘤の疑いを感じたら|すぐに病院で受診・手術を

期待される癌治療

女の人

現在癌治療は3大療法と言われる、手術・放射線治療・化学療法の3つを大きな柱としてステージに合わせた治療を行なっています。早期発見では、放射線や手術という選択肢があり、手術の場合開腹せずに内視鏡にて切除する方法もあります。ただ、ステージが進むことによって治療困難となり、ステージ4となると選択肢は化学療法のみとなり、場合によっては十分な効果が出ないという患者さんもおられます。ステージ4の患者さんであっても、第4の柱として注目される治療である免疫療法があります。免疫療法は、自分の体内に存在する免疫細胞を活用した治療法です。血液に含まれるリンパ球を一度体外に抽出し、強化を施した上で最後体内に入れ直します。これによって体自体の抵抗力を高め、リンパ球ががん細胞だけをピンポイントに攻撃してくれるのです。

人間の身体には免疫監視細胞というものがあり、その細胞がウイルスの侵入や癌の生成を監視し、それを見つけると監視細胞はすぐに攻撃を開始し、正常細胞へと戻します。これを人の免疫機能と言います。人は必ず齢を取り、それとともに代謝が衰え、免疫機能も衰えます。通常細胞であれば必ず代謝をしますが、癌細胞は無尽蔵に成長を続け、体を蝕んでゆきます。免疫療法は3大治療と異なる点として、薬を使わず、免疫力を向上させて攻撃するため、薬害や副作用のような患者の負担となる治療ではありません。メカニズム上癌が治る確率はあり、他の治療との併用も可能です。免疫療法はステージ4で治療方法が無いと言われた患者に希望の光を与え、今後臨床が進むことで将来4本目の柱となることが期待されています。